全国災対連メール情報 2008/7/30(2)

    7月28日、金沢市で豪雨による水害が発生
        ( 石 川 災 対 連 )

 7月28日早朝、石川県で集中豪雨のため河川の氾濫で大きな
被害が発生しました。特に金沢市・浅ノ野川の氾濫で全壊
1、床上浸水541、床下浸水2131件という被害をもたらしまし
た。行方不明者や死者はなく災害発生当時は817人が非難しま
した。
 重機による土砂や流失物の撤去作業などは早い段階から進
められていますが、被災家屋の片付けは、まだこれからとい
う状況になっています。金沢市内の湯涌温泉街は断水と源泉
を通すパイプの破損で営業再開のめどは立っておらず、河川
設備や川沿いの農地にも多くの被害をもたらしています。

 石川災対連は石川県と金沢市に対し、被災者への迅速な対
応を求めて緊急要請を行いました。
 災対連に加盟する石川民医連・城北病院は被災地にあり、
浸水時より水害対策本部を設置、同院にボランティアセンタ
ーを設けて泥運びや被災家屋の片付けなど被災者への支援を
行なっています。また、病院の入浴施設を被災者に利用を呼
び掛けています。
 国は29日に災害救助法適用を28日付けとして決定しまし
た。

 今後は石川災対連として構成団体に今週末2日(土)、3日
(日)の2日間、ボランティアを呼び掛けました。